有望アルトコイン:Triggers (TRIG)

Triggers (TRIG)とは?

Triggers (TRIG)は2016年10月に公開された仮想通貨です。
Triggersはアメリカやフィリピンなど銃社会において、認証式のスマートガンの安全性をブロックチェーンで管理する仮想通貨です。認証式のスマートガンとは認証技術で事前に承認された本人や特定の人でしか作動しない技術を用いた銃の事をさします。Blockfaceというブロックチェーン技術で、オンライン上で管理し、テロや犯罪を未然に防ぎます。Triggers(TRIG)はこのBlockfaceで使用される通貨になります。軍事関連、国家関連のプロジェクトと連携していくので、少し他の通貨とは違った動きになるかもしれません。

Triggers (TRIG)の今後

最大手の取引所であるBINANCEは中国の大手仮想通貨取引所です。日本語や他海外の言語にも対応していて利便性も◎です。

日々の取引量は世界でベスト5に入り、1日の流通量は過去に世界No1になったことも。現在100種類以上、草コインが上場を目指す取引所としても注目されています。

先日、BINANCEへ上場した事で、Triggers(TRIG)の取引量も今後は増えてくると思われます。さらにアメリカやフィリピンなど銃社会の国では

個人の誤発砲やテロ組織の関与など、事件に及ぶ銃の事件が跡を絶ちません。国際的な問題を解決するためにも、TriggersやBlockfaceは需要が高まっていくかと思います。

Triggers (TRIG)はなぜおススメなのか!?

3/31にウォレットがリリースされるマスターノード機能が素晴らしいです。保持するTrigの月25%(AMMO)がウォレット管理者に付与されるという話です。

条件としては、1セットで1500 Trigがマスターノードを立てる上で必要になります。

ex)1500TRIGで1セット。1500TRIG×25% = 375AMMO、※2999TRIGでも1セットなので要注意で!

最新の変更を反映するために、経済マスターテーブルのホワイトペーパーを更新しています。これには、マスターノードを持つインセンティブがあります。

気になるAMMOの評価額はTRIGGERS(TRIG)のに連動する形となり、 相場としてはTRIGの25%となっていました。

将来的にはトリガー価格にAMMOは連動せずに、独自で市場の需要によって変わっていきます。

他の通貨で例えると、中国系イーサリアムと呼ばれるNEOの GASと同じような概念です。現在、GASはNEOの価格の35%前後になっています。

特に今は、BINANCEで15万TRIGの分配キャンペーンが実施中なので、是非チェックしてみてくださいー^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。