取引所紹介:MyEtherWallet(マイイーサリアムウォレット)

マイイーサリアムウォレットの登録方法をご紹介します。

よく、「MEW」という言葉がソーシャル上にも散見されますが、
「MEW」=「MyEtherWallet」で、イーサリアムを中心に
ERC20に準拠するトークンは全て「MEW」=「MyEtherWallet」(マイイーサリアムウォレット)で保管可能です。

ICOのトークンにも対応しており、「MEW」があれば参加できるので、
是非、作成するだけでもしておいてください。

2018年、イーサリアムの年と言われているほど、
各企業、ICOでのイーサリアム需要は爆発的に伸びると思います。

取引所にもウォレット機能はありますが、
コインチェックのような事件に巻き込まれる可能性がありますので、
個人のウォレットを作成し、保管する事をオススメします。

「MEW」公式サイトのサイトへアクセスし、登録開始

サイトが英語表記になっているため、まずは言語を日本語に変えましょう。

※少し日本語が変な表現になっていますが、
グローバル対応のサイトのためご愛嬌として許してあげてください(笑)

自分の好きなパスワードを設定

最低9文字ですが、なるべく長い文字列で作成をお願いします。

また、パスワードは忘れないように自分のPC内や紙で印刷しても良いので、
必ず控えて保管するようにしてください。銀行の暗証番号と同じ機能です。

ウォレットは複数作成できますので、筆者も用途に合わせて2~3個持っています。

Keystoreファイルを作成

ログインする際に、自分のやり易い幾つかのログイン方法があり、
このKeystoreファイル+ファイルパスワードでログインします。

マイイーサリアムウォレット

秘密鍵でもログインできます。
他の方法はほぼ使用しないため、気にしないで大丈夫です。

秘密鍵 or Keystoreファイル+ファイルパスワードでログインすると、
アカウントがアンロックされ(鍵が開く状態)、あなたのウォレットにログイン可能となります。

マイイーサリアムウォレット

「MEW」=「MyEtherWallet」にログイン

マイイーサリアムウォレット

①.自分のアドレス
∟全ての取引において必要になる情報です。銀行口座番号と認識してもらえると良いかと。

②.宛先アドレス:
∟取引相手のアドレス。取引所のアドレスなどを入れると送金できます。

③.送出数量:
∟ウォレットから送金するトークンの数。送金するトークン選択。デフォルトはETH=イーサリアムですが、トークンの種類を追加する事で、追加トークンを選択できます。※後述

④.ガスリミット
∟送金する際の手数料です。イーサリアム系はガス(GAS)と呼びます。

基本は、デフォルト設定のガスで大丈夫です。
人気のICOに参加するなどの際は、ガスを上げて設定します。
ガスを上げると送金スピードは上がりますが、ガス=手数料のため少し高額になります。

基本、ガスもETH=イーサリアムで払います

⑤.等価
∟自分の「MEW」=マイイーサリアム内のトークン総量の価値を表しています。

トークン量だと具体的にフィアット(通貨)でイメージできないので、参考になりますね。

※アップデートなどで修正必要だったり、事実と違う場合は何なりとご指摘くださいませ。対応させていただきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。