発酵黒にんにくとは?

発酵黒にんにくとは?

最近こんなお悩みありませんか?

・仕事が思うように進まない
・朝、起きるのがつらい
・家事、育児がしんどい
・若々しさがない気がする
・最近、風邪をひきやすい

あなたは、日々の疲れをそのままにしていませんか?上記のような日常の疲れに頑張るパワーを与えてくれる、それが「発酵黒にんにく」です。もともと、にんにくは健康維持のために力を発揮する食品ですが、熟成・発酵させることでさらにパワーアップします。発酵黒にんにくを日常に取り入れて、アクティブな日々を過ごしませんか?

発酵黒にんにくとは?

黒にんにくは、にんにくを一定の温度・湿度で1ヶ月ほど熟成させることで完成します。適度な温度と湿度を守るために熟練の職人が一つ一つ丁寧に確認しながら熟成させています。

黒にんにくは、にんにくに含まれる糖質とアミノ化合物(アミノ酸、たんぱく質)が高温になると「メイラード反応」という化学反応を起こします。そして、熟成が進むにつれ、白かったにんにくは次第に黒く色が変わります。そのため、「黒にんにくの種が欲しい」とたまに探している方も見受けますが、実は黒にんにくの種というものはありません。

黒にんにくの他にも、メイラード反応を起こす食品は私たちのまわりに多く存在します。例えば、トーストやおせんべいの香ばしい焦げ目、コーヒーやチョコレートの色などが挙げられます。これらも、メイラード反応によって褐色に変化しています。黒にんにくのメカニズムが、実はコーヒーやチョコレートの色と同じ化学反応だったとは、驚くことでしょう。

黒にんにくと、にんにくの違い

黒にんにくは、普段よく目にする白いにんにくと比べ栄養素の含有量が何倍にもアップします。具体的には、アクティブな日々を過ごすために欠かすことのできない「アルギニン」は通常の約3倍。スタミナ補給のために必要な「アミノ酸とポリフェノール」は約6〜7倍。若々しく過ごすために取り入れたい「S-アリル-L-システイン」は約16倍に。ポリフェノールに至っては、野菜の中ではトップクラスの含有量です。普段のにんにくに比べ様々な栄養素の含有量が高い「発酵黒にんにく」。「最近、元気だね」と言われるようになる日々が来ることに期待が高まります。